profile of yonagunisan


与那国方言では、「アヤミハビル」と呼ばれる。「アヤミ」とは「模様のある」、「ハビル」とは「蝶」の意味である。

Profile

熊谷 大輔 Daisuke Kumagai

北海道札幌市出身 1977年5月9日生 AB型
趣味 マリンスポーツ・ダイビング・ジェットスキー・海中生物捕獲
愛車 ランドクルーザー
■イリオモテヤマネコを守る会 会長 熊谷 大輔
■西表島生態研究の会     会長 熊谷 大輔 

尊敬する人 水戸光國 松下幸之助 
座右の銘  人生楽ありゃ苦もあるさ  上を向いて歩こう

東洋のガラパゴス「西表島」を中心に、絶滅危惧種、希少動植物の生態研究しています。
与那国島のヨナグニサンをはじめ、イリオモテヤマネコ、ヤンバルクイナ、リュウキュウコノハズク
アマミノクロウサギ、オオサンショウウオ、オガサワラオオコウモリ、リュウキュウイノシシ、
イボイモリ、カンムリワシ、モモンガ、ナキウサギ、ヒキガエル、ウシガエル等多岐に及びます。
近年は、動植物から昆虫へとその研究範囲を広げており、マイマイカブリや、ミヤマクワガタ、
タマムシ、カメムシ等昆虫類、オショロコマ、エゾイワナ、アメマス等、精力的に活動しております。
また、同じく希少動物生態研究、写真撮影、サイトプロデュースを手がける折居健二とタイアップして
オリジナルグッズを企画生産し「dーkumagai」ブランドを展開する予定です。写真や、ファブリックパネル、
グッズ等のオフィシャルグッズ販売を手がける一方で、今後はパラオやインドネシア、
タイ、ビルマ、モルディブ等海外への進出も計画している。

d−kumagai  代表 熊谷 大輔 

沖縄県八重山郡西表島古見岳右上る

1903年「大東島取調書」には、沖大東島でクロアジサシ Anous stolidus(およびセグロアジサシ Sterna fuscata)が群れで繁殖していたと記されているが(南大東村誌編集委員会,1990:p.935)、種の同定の根拠は不明である。折居ノート (1936)には1936年11月1日にセグロセキレイ Motacilla grandis、15日にウズラ Coturnix japonica を南大東島で観察したとの記述があるが、前述したように折居による種の同定には疑わしい点がある。※齊藤・嵩原(2003)によれば、折居彪二郎氏はほかにも1922年9月に「クヒナ」(南大東島)を、10月に「田ヒバリ」(南北両島)と「ノジコ」(南大東島)を観察したと日誌に記しているが、この3種も同定には疑問が残る。「クヒナ」はヒクイナを指していたのかもしれない。折居ノート(1936)ではムネアカタヒバリのことを「田ヒバリ」と記している。今後はヨナグニサンに関しても、平成の「折居ノート」の新たな記述を再現したい。折居健二



yonaguniTshatu.jpg
200着限定販売
目立つ事間違い無し!

希少動物シリーズ限定販売

◆d-kumagai◆ オリジナルTシャツ


カラー  白
サイズ  S・M・L・LL
ボディ  United Athle5942 
素材/縫製/仕立て共に評判の良い素材です
プリント フルカラーラバー転写 写真等の再現性に優れた加工です
価格  ¥2980 消費税込み
送料  全国一律 ¥850(ヤマト航空便)
納期  受注より約3日間 離島は前後します。
名入れサービス オプション別料金 ¥945でネームを入れられます。

お問合せはこちら  info[at]sometemiyou.com


Volunteer.jpg